川淵三郎氏「五輪会場に横浜アリーナ…信じられぬ」[2016/10/26 11:50]

 東京オリンピックのバレーボール会場変更案の撤回を求め、日本トップリーグ連携機構が嘆願書を提出し、川淵三郎会長が26日午前に会見しました。

 東京都の調査チームは、新設予定だった「有明アリーナ」のコスト削減案や「横浜アリーナ」への変更などを検討しています。これに対し、各種競技の国内リーグで構成する日本トップリーグ連携機構は建設の継続を求めています。
 日本トップリーグ連携機構・川淵三郎会長:「横浜アリーナを整備してなんていう発想が出てくることが信じられません。将来の子どもたちのために、日本のスポーツ界文化の発展のためにこそ、そういうアリーナが必要なんだということをご理解頂いて、多くの人に話して頂きたい」