改正ストーカー規制法可決 SNSも規制対象[2016/12/06 16:47]

 改正ストーカー規制法が衆議院の本会議で全会一致で可決・成立しました。ブログなどSNS上で執拗(しつよう)なメッセージを送りつけることが新たに規制の対象となります。

 今年5月、東京・小金井市で、当時20歳の芸能活動をしていた女性がブログに執拗な書き込みをしていたファンの男に刺されて重傷を負う事件が起きました。これまで、こうしたSNS上での執拗な書き込みは規制の対象外でしたが、新たな改正法ではストーカー行為と認定されます。また、被害者の自宅近くをみだりにうろつく行為も規制対象に加わるほか、緊急時には警察が警告を出していない場合でも禁止命令を出せるようになります。さらに、違反した場合の罰則が引き上げられます。改正法は一部を除いて、年内に施行される見通しです。