「夜空に輝く雲」カメラ捉えた!H2Aロケット発射で[2017/01/25 15:09]

 地震雲と間違われそうな珍しい雲をカメラが捉えました。

 24日夕方、種子島宇宙センターから防衛省の通信衛星を載せたH2Aロケットが打ち上げられました。このロケットの飛行によってできたのが「夜光雲」と呼ばれる大変、珍しい雲です。ロケットから噴射された煙の中の水蒸気が氷になり、太陽の光を受けて光っています。上空はマイナス数十度になっているので、水蒸気がいきなり氷に昇華します。撮影時刻は日の入り後で暗くなっていましたが、上空ではまだ日の光が当たっていて、氷の結晶がシャボン玉や油膜のように様々に色付いています。高さによって風の強さが異なるので、複雑な曲線となります。

こんな記事も読まれています