「森のくまさん」替え歌騒動 「加詞」で販売継続[2017/02/01 18:58]

 童謡の「森のくまさん」の替え歌を巡る騒動が円満解決しました。

 この替え歌は、お笑い芸人のパーマ大佐さんが新たなメロディーや歌詞を付け加えてCDを発売していたものです。これに対して、元々の翻訳した歌詞を付けた作詞家・馬場祥弘さんがCDなどの回収や販売中止、さらに慰謝料300万円を支払うよう販売元に通知していましたが、双方話し合いの結果、販売が続けられることになりました。今後、製造されるCDなどには「加詞・パーマ大佐」と表記されるということです。

こんな記事も読まれています