ガラスや和紙で作られた“変わり雛”300点が展示[2017/02/05 15:55]

 甲府市では、小さなひな人形ばかりを集めた展示会が開かれています。

 会場には江戸時代の着物を使って作られた伝統的なひな人形をはじめ、ガラスや和紙で作られた変わり雛(びな)など全国各地から集められた約300点の人形が展示されています。貝殻の中に1センチにも満たない人形が並んでいるものや親指ほどの大きさの人形もあり、どれも職人の技術力の高さがうかがえます。訪れた人たちは、精巧に作られた可愛らしい人形の数々に見入っていました。この展示会は25日まで開かれています。