足立区で死んだ野鳥から鳥インフル 周囲を監視強化[2017/02/07 17:03]

 東京・足立区の住宅街で、オナガガモの死骸から鳥インフルエンザウイルスが検出されました。都内では2年ぶりだということです。

 東京都によりますと、3日、足立区の住宅街で死んでいるオナガガモが見つかりました。遺伝子検査をしたところ、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。毒性の強い高病原性の疑いもあり、今後、北海道大学で確定検査を行います。また、環境省は周囲10キロを野鳥の監視重点区域に指定して、死んだり弱ったりした鳥がいないか警戒することにしています。都は、周辺の養鶏農家などに野鳥と接触させない対策を徹底するよう改めて注意喚起を行うとしています。