大雪で信号トラブル 特急列車が立ち往生 鳥取[2017/02/11 05:56]

 西日本の日本海側は大雪に見舞われていますが、鳥取市で特急列車が立ち往生しました。

 立ち往生したのは、京都発鳥取行きの「スーパーはくと13号」です。JR西日本によりますと、10日午後9時40分ごろ、鳥取駅付近で起きた信号トラブルが原因で、手前の津ノ井駅で停車したままになったということです。車掌によりますと、167人の乗客が乗っていたということです。トラブルはその後、解消し、11日午前3時前に運転を再開しました。