都内で高病原性鳥インフル初確認 3日に死骸で発見[2017/02/15 13:36]

 東京・足立区で、3日に死骸で見つかった野鳥が高病原性の鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが分かりました。都内での感染確認は初めてです。

 3日、足立区で野鳥のオナガガモの死骸が見つかりました。遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、国の確定検査をした結果、高病原性の鳥インフルエンザに感染していたことが分かりました。都内で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたのは初めてです。都は鳥の死骸が見つかった場所から半径10キロ圏内で野鳥の監視強化を継続するとともに、養鶏業者などに対して管理の徹底を呼び掛けています。

こんな記事も読まれています