公立高校の入試で運動得意な生徒ばかり優遇 千葉[2017/03/23 23:44]

 公立高校の入試で、運動が得意な生徒ばかりが密かに優遇されていました。

 千葉市の県立幕張総合高校は入学試験で、運動などの試験を受けた生徒ばかりを密かに優遇していたとして謝罪しました。入試では、学力試験の他に運動などの実技検査か自己アピールの試験を受け、ABCの評価が付けられます。今年のA評価は、実技検査では130人いたのに比べ、自己アピール試験はわずか1人と学校側が意図的に差を付けて優遇していました。学校は今後、採点方法の改善を検討するということです。