公園にカラスの死骸など新たに約20羽見つかる[2017/03/26 00:52]

 24日に約50羽のカラスの死骸が見つかった東京都内の公園で、25日もカラスなど約20羽が死んでいるのが見つかりました。

 警視庁によりますと、午後2時ごろ、練馬区と板橋区にまたがる城北中央公園で、カラス約20羽とムクドリ2羽が死んでいるのが見つかりました。この公園では24日午後、カラス約50羽が死んでいるのが見つかっていて、警視庁が現場付近の立ち入りを規制し、警察官を配備していました。警戒中の警察官が上からカラスが落ちてきたことに気付いて規制区域に入ったところ、複数の死骸を見つけたということです。警視庁は病気の可能性もあるとみて、鳥の死骸を東京都とともに分析して死因を調べる方針です。