スパゲティアイスも!?GWに世界からアイス大集結[2017/05/02 12:37]

 夏の到来に先駆け、楪望リポーターが冷たい「あれ」を取材に行っています。

 (楪望リポーター報告)
 埼玉県越谷市のイオンレイクタウンでは、2日からアイスクリーム博覧会2017がスタートしました。日本一のジェラートと優勝賞品が食べられるということで、恐らく皆さんこれで並んでいるのではないでしょうか。色んな所からアイスが届いてきているのですが、こちらには200種類以上のアイスクリームが食べられる場所となっていて、世界各国、そして日本の各都道府県からアイスが届いているのですが、去年は約8万人がこちらの会場に足を運んだということで、今年は5回目の開催になります。
 どのようなアイスがあるのかというと、台湾からやってきた「盆栽アイス」は、松の部分がパセリで表現されています。続いてドイツからスパゲティをモチーフにしたアイス。そして沖縄から、有名なブルーシールです。中にはアイスクリームが6つ、そして豪快にソフトクリームをくるっとひっくり返して、グサッと刺さっています。
 特に、私がこの会場の中で気になったのが、イギリスから初めて日本にやってきた「わたあめソフト」です。まず、コーンに綿あめを巻き付け、その上にソフトクリーム、そしてキャラメルポップコーンとチョコレートソースをアレンジしたもです。食べ方が斬新で、綿あめにアイスをつけて食べるんです。綿あめとアイスクリーム、両方とも甘いので、甘すぎるのかと思ったのですが、実はこのアイスクリームは塩ソフトなんです。なので甘さがちょうど塩とマッチしておしいく、暑い季節にぴったりです。アイスクリーム博覧会2017は、2日から5月9日のアイスクリームの日まで開催されています。