全国の警察本部長会議 長官「山口組の壊滅を」[2017/06/05 23:33]

 全国の警察本部長を集めた会議で、坂口正芳警察庁長官(59)は指定暴力団山口組や神戸山口組の壊滅に向け、組織の幹部を検挙するよう指示しました。

 警察庁・坂口正芳長官:「六代目山口組及び神戸山口組については、情勢は複雑化・流動化しており、予断を許さない状況にあります。両団体の組員等の大量検挙、突き上げ捜査の徹底による幹部の長期的な社会からの隔離、ひいては組織の壊滅を図られたいのであります」
 指定暴力団山口組と神戸山口組との対立抗争事件は減少傾向にありますが、1月には京都市に本部を置く指定暴力団会津小鉄会の幹部らがどちらの組織を支持するかを巡って対立し、傷害事件に発展しました。また、4月には神戸山口組の複数の幹部が新組織の結成を表明するなど水面下での争いが続いています。

こんな記事も読まれています