大阪市で発見のヒアリ 「女王アリ」を国内初確認[2017/07/05 05:56]

 大阪市の南港で見つかったヒアリに繁殖力の強い女王アリがいたことが分かりました。国内で女王アリが見つかったのは初めてです。

 大阪市住之江区の南港では、先月30日と今月3日に強い毒を持つヒアリが見つかっています。このうち3日に発見したヒアリについて、環境省は専門機関に依頼して分析を進めていましたが、調査の結果、1回で2000個の卵を産むとされる繁殖力が強い女王アリであったことが分かりました。今のところ、雄のヒアリや卵、その場所に定着していることを示すアリ塚は見つかっていません。環境省は周辺で繁殖している可能性もあるとして、見つかったヒアリをさらに調べるほか、5日も大阪港で確認調査をする予定です。