大分・日田市「133人と連絡取れず」 九州豪雨[2017/07/07 10:30]

 九州北部を襲った記録的な大雨により、福岡県と大分県で合わせて6人が死亡するなど被害が広がっています。

 福岡県朝倉市では6日、捜索活動中に新たに3人が見つかり、死亡が確認されました。これにより、福岡県内の死者は4人になりました。朝倉市によりますと、現在、市内で11人が行方不明になっています。道路の寸断などで朝倉市では337人が孤立していて、福岡県東峰村でも170戸が身動きの取れない状況になっています。一方、大分県日田市では土砂崩れなどで道路が寸断され、11の集落が孤立しています。市の発表では133人と連絡が取れていないということです。日田市では土砂崩れに巻き込まれるなどして2人が死亡しています。避難指示は日田市の約4万人に出されたままです。