八王子ナンペイ事件 解決見ず22年 同級生ら追悼式[2017/07/29 17:48]

 東京・八王子市のスーパーで女子高校生ら3人が殺害された事件は、30日で22年を迎えます。亡くなった女子高生が通っていた高校で追悼式が行われました。

 1995年7月30日、東京・八王子市のスーパー「ナンペイ」の事務所で、アルバイトの女子高校生2人を含む3人が拳銃で頭を撃たれて殺害されました。亡くなった矢吹恵さん(当時17)が通っていた桜美林高校では追悼式が行われ、同級生や在校生14人が黙祷(もくとう)を捧げました。
 矢吹さんの同級生・鷹野めぐみさん(39):「今年めいっぱい遊ぼうねと約束してたのが果たせなかったのが心残りというか、行きたかったな」
 事件はまもなく22年を迎えますが、犯人の特定には至っていません。警視庁は、懸賞金の期間を1年間延長し、情報提供を呼び掛けています。