「豊胸サプリ」で健康被害200例以上 厚労省が調査[2017/08/24 17:22]

 いわゆる「豊胸サプリ」を巡り、健康被害が200例以上、報告されていたことが分かりました。

 「プエラリア・ミリフィカ」という植物の女性ホルモンに似た成分を含み、豊胸効果をうたったサプリメントについて、厚生労働省が全国で販売されている67の製品を調査しました。その結果、生理不順やアレルギーなどの健康被害の報告が過去5年間に223例あったことが分かりました。また、業者の半数近くがサプリメントに含まれる成分の正確な量を量らずに販売するなど、製品管理や安全性の確保が十分でない現状も明らかになりました。

こんな記事も読まれています