秋の交通安全運動始まる 都内各地でイベント[2017/09/22 07:04]

 21日から秋の交通安全運動が始まり、都内各地で交通安全を呼び掛けるイベントが行われました。

 新宿区の高田馬場駅前では、地元の早稲田大学応援部の部員がオリジナルの応援歌に合わせて警察官とともに、歩行者や自転車の安全運転を呼び掛けました。また、三鷹市では、地元の高校生ら約90人が参加して地元の人に交通安全を呼び掛けるチラシなどを配ったほか、学校近くの交差点で実際に交通整理を行い、交通ルールを守る大切さを学びました。一方、千代田区ではバイクが絡む交通事故ゼロを目指し、警視庁と郵便局が合同で配達で使うバイクの安全点検などを行いました。警視庁によりますと、交通事故による死者数は去年の同じ時期に比べて4人多い112人が死亡しています。