東大教授らがブラックホールの起源を解明 世界初[2017/09/29 03:00]

 宇宙にあるブラックホールのなかでも最大級の質量を持つ「モンスターブラックホール」はどうやって誕生したのか。東京大学の教授らのグループが世界で初めて解明しました。

 モンスターブラックホールは、無数にあるブラックホールのなかでも太陽の10万から100億倍の質量を持つとされる最大級のものです。東大の吉田直紀教授らの研究グループは、宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールについて、中規模のブラックホールが数億年かけて成長することをスーパーコンピューターの計算を使って解明したということです。アメリカの科学誌「サイエンス」の電子版で発表しました。宇宙の誕生直後にできたモンスターブラックホールの起源を巡っては、天文学者の間で長い間、謎とされていました。