自転車で高齢者を“ひき逃げ”逮捕の男性を不起訴に[2017/11/01 02:06]

 84歳の女性と自転車で衝突し、腰の骨を折る重傷を負わせたにもかかわらず逃走したなどとして逮捕された男性について、東京地検は先月31日、不起訴処分としました。

 東京・墨田区の男性(逮捕時49歳)は今年4月、江戸川区の歩道橋を自転車で走っていた際に84歳の女性と正面から衝突し、腰を骨折させたにもかかわらず逃走したなどとして逮捕されました。東京地検は31日、男性を不起訴処分としました。男性は、これまでの警視庁の取り調べに対し、「怖くなって逃げました」と容疑を認めていました。