雪化粧の富士山眺め…1万2000人がマラソン参加[2017/11/26 11:58]

 山梨県では毎年恒例の「富士山マラソン」が行われました。

 この大会は、富士山の世界遺産登録の機運を高めようと始まりました。今年で6回目です。晩秋のよく晴れた冷たい空気のなか、26日午前9時の号砲とともに、参加した約1万2000人が河口湖畔を出発しました。ランナーらは雪化粧した富士山を見ながら、河口湖や西湖の湖畔を気持ち良く走っていました。