東京・文京区で獣医学のシンポジウム開催[2017/12/10 07:05]

 加計学園の獣医学部新設について注目が集まるなか、獣医師の現状や課題を知ってもらおうと東京・文京区でシンポジウムが開かれました。

 全国大学獣医学関係代表者協議会・稲葉睦会長:「今年ほど獣医師、あるいは獣医学に対する皆さんからの興味・関心が高まった年はなかった」
 9日に開かれたシンポジウムには獣医師や大学教授らが参加し、国際水準の獣医師の養成や獣医学教育を評価する第三者組織の重要性などが話し合われました。また、医師などに比べて獣医師の給与水準が低く、待遇の改善が必要だといった意見や動物病院での参加型の臨床実習を充実させて、より実践力を備えた獣医師を育成することが重要だといった意見が出ました。