年越しそば食べ、ゆく年くる年に想い 老舗店賑わう[2017/12/31 11:53]

 31日は大みそかです。東京・港区のそば店は大勢の人でにぎわっています。

 (社会部・尾崎圭朗記者報告)
 創業230年、港区の老舗そば店に来ています。東京では初雪が観測されるなか、朝早くから並んでいる人もいて、店の前は現在も行列ができています。店内は満席で、夫婦や家族など多くの人でにぎわっています。皆さんはどんな一年だったのでしょうか。
 お客さん:「誰も病気もすることもなく、良い一年だったと思います」「来年は家族で過ごす時間を増やしたいと思います」
 31日は普段の4倍の約4000食が用意されているということです。また、こちらのお店では、若手の職人さんたちがそば打ちや商品開発に積極的に関わっているということです。大みそかの31日、このにぎわいは午後9時ごろまで続きそうです。