「あおり運転」厳正対処を 警察庁が通達[2018/01/16 17:04]

 執拗(しつよう)な幅寄せなど、いわゆる「あおり運転」に厳正に対処するよう、警察庁が全国の警察に通達を出しました。

 警察庁は16日、あおり運転の取り締まりなどをさらに推進するよう、全国の警察に通達を出しました。特に悪質な場合には、道路交通法違反だけではなく、危険運転致死傷罪や暴行罪など、あらゆる法令を駆使して捜査を徹底するよう指示しています。また、危険なドライバーの免許を停止する行政処分も迅速に行うとしています。あおり運転を巡っては、去年6月に東名高速で夫婦が死亡する事故がありました。おととし、全国であおり運転の摘発数は高速道路上を中心に7600件ほどに上っていて、警察庁はあおられた場合、安全な場所に停車して110番通報してほしいと呼び掛けています。

こんな記事も読まれています