蔵王山に小規模噴火の可能性 警戒レベルを「2」に[2018/01/30 17:01]

 宮城県と山形県にまたがる蔵王山で小規模な噴火の可能性があるとして、気象庁が火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルをこれまでの1から2に引き上げました。

 蔵王山周辺では、火山性微動が28日に1回、30日に入って2回、観測され、山頂の南方向で山が隆起しているということです。気象庁は噴火警戒レベルをこれまでの1から火口周辺規制にあたる2に引き上げ、御釜と呼ばれる池を囲む馬の背カルデラの周囲1.2キロが立ち入り規制されました。御釜に通じる道路は元々、冬の間閉鎖されています。蔵王山は78年前の1940年に小規模な水蒸気噴火がありました。