磁気商品など販売のジャパンライフ“破産”申し立て[2018/02/11 10:01]

 高齢者らに磁気ネックレスなどを販売していたジャパンライフが事実上、倒産した問題で、顧客側の弁護団がジャパンライフの破産手続きの開始を東京地裁に申し立てました。

 弁護団は10日、ジャパンライフの破産手続きの開始を9日付で東京地裁に申し立てたと発表しました。申し立てた債権者は22人で、債権の総額は4億5000万円余りです。
 全国ジャパンライフ被害者弁護団連絡会・石戸谷豊団長:「『破産だから仕方ない』ということではなく、名乗り出て頂いて、債権の届け出をやってもらって被害者の声を届ける」
 申し立てを受けて東京地裁は、ジャパンライフ側が残っている財産を処分しないよう保全管理命令などを出しました。ジャパンライフはすでに事実上、倒産していて、負債総額は2000億円余りに上っています。