「白タク」撲滅へ “春節”に羽田空港で啓発活動[2018/02/16 23:35]

 中国の旧正月「春節」が始まった16日、中国からの観光客が増えることが見込まれる羽田空港では、「白タク」を利用しないよう啓発活動が行われました。

 東京・羽田空港では、中国人などが国の許可なくタクシーの営業を行う、いわゆる白タクが問題となっています。春節が始まった16日に国土交通省や警視庁、入国管理局などは、中国からの訪日客が増えることを見込んで啓発活動を行いました。国際線の到着ロビーで白タクの見分け方や危険性などが中国語と英語で書かれたチラシ400枚などを配りました。国交省は、今後も関係機関と協力しながら白タクの撲滅を目指すとしています。