音楽教室からの著作権料の徴収認める 文化審議会[2018/03/05 17:20]

 JASRAC(日本音楽著作権協会)による音楽教室での著作権料を巡り、徴収が実施される見通しとなりました。

 JASRACは音楽教室での演奏について、著作権料を徴収すると文化庁に届け出ています。これに対し、音楽教室の運営会社などはレッスンは範囲外として提訴していて、この裁判が終わるまで徴収を始めないよう文化庁に申請しています。文化庁の審議会は、この申し入れについて徴収を認める答申をまとめました。答申を踏まえて、文化庁の宮田長官が最終判断をしますが、著作権料の徴収は実施される見通しとなりました。一方で、審議会はJASRACに対し、音楽教室などが支払いを拒む場合は、判決が確定するまで催促を行わないなどの対応に期待するとしています。