音楽教室から著作権料徴収 文化庁が認める裁定[2018/03/07 18:54]

 音楽教室の著作権料を巡り、文化庁は徴収を認める裁定を出しました。

 JASRAC(日本音楽著作権協会)が音楽教室から著作権料の徴収する届け出を巡っては、音楽教室側が東京地裁に提訴しています。一方、文化庁は7日午後に徴収を認めるという裁定を両者に伝達しました。
 JASRAC・浅石道夫理事長:「非常に公正な裁定を出して頂いたと思っております」
 音楽教育を守る会・三木渡会長:「(裁定で)踏み込んで頂けなくて残念に思っています」
 ただ、文化庁はJASRACに対し、裁判の判決確定まで徴収を強制しないよう指導していく方針です。