音楽教室から著作権料徴収 早期契約で1割引き[2018/03/09 00:05]

 音楽教室からの著作権料の徴収を巡り、JASRAC(日本音楽著作権協会)は来月から徴収を始めるとともに9月までに契約を結べば1割引きにすると発表しました。

 JASRAC・大橋健三常務理事:「(Q.1割引きは契約の促進のため?)はい、契約の促進のためでございます。まさにそうです」
 著作権料の徴収を巡っては、音楽教室の運営会社などがレッスン料は徴収の範囲外として提訴し、裁判が終わるまで徴収を始めないよう文化庁に求めていました。しかし、7日に文化庁は徴収を認める裁定を出し、JASRACは来月から徴収を始めると発表しました。文化庁の指導に沿って判決確定までは強制徴収はしない方針ですが、音楽教室が自主的に9月までに契約を結ぶ場合は1年間は1割引きにするとしています。