東日本大震災から7年 震災当時の姿を記録し公開[2018/03/10 00:05]

 東日本大震災から11日で7年です。福島県富岡町では、今も震災当時のままで残された中学校があります。町では当時の姿を記録して残す取り組みが進んでいます。

 2011年3月11日、卒業式の後片付けも終わらぬまま避難所となった富岡第二中学校の体育館。その翌日、原発事故によって富岡町は全町避難となりました。
 当時中学2年生だった遠藤さん:「(震災があった日)卒業式が行われて、新しく自分たちの生活がまた始まるのかなって思っていました」
 富岡町では中心部の避難指示が解除され、学校はこの春から別の校舎で再開されます。町では、3年後をめどに震災当時のまま残されている場所を記録した映像などを公開し、震災の教訓を伝えていくことにしています。