貴乃花親方「疑義が生じている」内閣府に告発状提出[2018/03/09 22:54]

 大相撲の貴ノ岩関が暴行を受けてけがをした問題などで、貴乃花親方が8日、日本相撲協会の適正な運営に「疑義が生じている」と内閣府に弁護士を通じて告発状を提出したことが明らかになりました。

 告発について貴乃花親方は、協会による暴行事件の最終報告で貴ノ岩関の主張が反映されず、調査が公正中立ではなかったと訴えています。また、理事解任の処分も不当で「適切な運営には重大な疑義が生じている」として、協会を所管する内閣府に立ち入り検査や是正を求める勧告をするよう求めています。