動物虐待が過去最悪を更新 検挙数8年前の倍以上に[2018/04/05 11:59]

 去年、動物を虐待したとして警察が検挙した数が過去最悪を更新したことが分かりました。このうち7割近くは猫の被害でした。

 警察庁によりますと、去年1年間で動物に熱湯を掛けるなどの虐待を加えたとして検挙した数は68件でした。5年連続の増加で過去最悪を更新していて、8年前に比べると倍以上になっています。このうち、最も多いのが猫の被害で46件、次いで犬が16件、ウサギや鳥などが6件でした。猫の多くは野良猫だということです。検挙されたのはほとんどは男で、虐待する動画をインターネット上に公開するケースが多いということです。