震度5強 徐々に被害明らかに より強い地震に警戒[2018/04/09 10:31]

 9日未明、島根県西部を震源とする地震があり、島根県大田市で震度5強を観測しました。4人がけがをしています。

 午前1時32分ごろ、島根県西部を震源とする地震がありました。震源の深さは約12キロ、地震の規模を表すマグニチュードは6.1と推定されています。各地の震度は大田市で震度5強、島根県出雲市や島根県雲南市などで震度5弱、鳥取県米子市や鳥取県境港市などで震度4を観測しました。大田市では17歳の男性がベッドから転落して足を骨折するなど4人がけがをしたほか、40カ所以上で水道管が破裂する被害が出ていて、自衛隊に給水車の出動を要請したということです。気象庁は地震発生から約1週間、最大震度5強程度の地震に注意するとともに、さらに強い揺れの地震が起きる可能性もあると注意を呼び掛けています。