始業式も中止…けが人や水道管破裂 島根で震度5強[2018/04/09 18:04]

 9日未明、島根県で震度5強を観測する地震がありました。震源から近く、最も被害が大きかった島根県大田市から報告です。

 (社会部・前田万里奈記者報告)
 大田市の三瓶町では建物が崩れ、倒れてきた窓枠などでガードレールが押し潰されるなど大きな被害が出ています。そして、近くに住む80歳の女性に話を聞くと、生まれてきてこんなに大きな地震は初めてだと不安そうに話していました。午前1時32分ごろ、島根県西部を震源とする地震があり、大田市で震度5強、島根県出雲市などで震度5弱、鳥取県米子市などで震度4を観測しました。最も被害の大きかった大田市では、17歳の男性が足を骨折するなど4人がけがをしたほか、40カ所以上で水道管が破裂して市内の9カ所で給水所が設けられています。また、9日に始業式を予定していた大田市内の小中学校は臨時休校になるなど影響が出ました。地震直後は、避難所に192人が避難しましたが、午後3時には43人にまで減って落ち着きを取り戻しているように感じます。気象庁は約1週間、最大震度5強程度の地震に注意するよう呼び掛けています。