“都民ファやらせ質問疑惑”保存者名が「ecoyuri」[2018/04/27 14:55]

 東京都議会で去年8月、「都民ファーストの会」が質問を作る際に参考とした資料データに、小池都知事のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のアカウント名と同じ名前が残されていることが明らかになりました。

 音喜多駿都議:「東京都や東京都知事、執行機関サイドであったとすれば、これは二元代表制を毀損する極めて深刻な事態と言わざるを得ません」
 当時、都民ファーストの会に所属していた音喜多都議は去年8月、都民ファーストの会の代表質問の文案を作成しました。その際、同じ会派の都議から参考資料として送られたデータファイルの保存者名が「ecoyuri」となっていました。小池知事のツイッターのアカウント名にも同じ名前が使われていて、音喜多都議は資料作成に小池知事の関与が「疑われる面はあるのではないか」と話しています。

こんな記事も読まれています