都内など警備強化に約1万人動員 日中韓会談前に[2018/05/08 11:53]

 9日から東京で行われる日中韓3カ国の首脳会談を前に、都内ではテロなどを防ぐため、警視庁による警備が強化されています。

 東京・羽田空港では、警視庁の機動隊員らがターミナルを歩いてごみ箱の中などに不審物がないか確認したり、空港周辺の路上では車両検問が行われたりしています。9日にかけて来日する中国と韓国の首脳らに対するテロを防ぐため、都内などでは訪問先や宿泊先、高速道路でも警備が強化されます。首脳会談の期間中、約1万人の警察官が警備などにあたるということです。