神戸市10万人超に避難勧告 地震被災地に避難指示も[2018/07/05 11:46]

 局地的に非常に激しい雨が降っている近畿地方では、大阪の地震で被害を受けた地区で避難指示が出たほか、兵庫県で10万人以上に避難勧告が出ました。

 大阪府では5日未明から、地震で被害を受けた北部を中心に激しい雨が降り続き、大阪府茨木市上音羽地区では土砂災害の危険性が極めて高くなり、58世帯137人に避難指示が出ています。大阪府高槻市や大阪府箕面市などでも避難所が開設されました。神戸市でも午前11時現在で10万人以上に避難勧告が出されています。滋賀県米原市では午前8時までの1時間に40.5ミリの雨が降り、天野川は氾濫危険水位に達しました。近畿では、6日昼までの24時間に降る雨の量は多い所で350ミリと予想されています。