京都・綾部市で住宅2棟が土砂崩れ被害 3人行方不明[2018/07/07 11:50]

 京都府綾部市では土砂崩れに住宅2棟が巻き込まれて3人が行方不明になっていて、現在、救助活動が続けられています。

 (福井治人アナウンサー報告)
 住宅が土砂に巻き込まれ、住人が今も行方不明となって捜索が続いています。そして、住宅を覆うように木が折れています。土砂災害の威力を物語っています。7日午前4時半ごろ、綾部市上杉町で土砂崩れが発生しました。住宅2棟が巻き込まれました。消防によりますと、80歳と76歳の夫婦、36歳男性の合わせて3人と連絡が取れなくなっているということです。また、滋賀県高島市では午前6時すぎ、用水路で作業をしていた福井城久治さん(77)が流され、搬送先の病院で死亡が確認されました。この雨の被害で近畿、徳島、高知では、これまでに川に流されるなどして3人が死亡しています。また、土砂崩れなどの影響で今も7人の行方が分からなくなっています。雨は比較的、穏やかになってきましたが、今なお、土砂は緩いということで新たな土砂崩れなど警戒が必要です。