愛媛でも土砂崩れ相次ぐ 離島で小学生ら行方不明[2018/07/07 11:52]

 愛媛県で土砂崩れが相次ぎ、小学生を含む家族3人が行方不明になり、90代の女性が死亡しました。

 警察によりますと、7日午前1時ごろ、松山市の怒和島で「土砂で家が倒壊し、3人が取り残された」と通報があったということです。この家に住む井上麻衣子さんと小学3年の陽葵さん、小学1年の結衣さんが行方不明になっています。愛媛県大洲市でも土砂崩れで家が倒壊して90代の女性が取り残され、その後、女性の死亡が確認されました。市内を流れる肱川の7カ所で氾濫していて、2万70世帯合わせて4万3854人に避難指示が出されています。