西日本豪雨 広島では死者・不明者100人超[2018/07/10 05:50]

 西日本を中心とした記録的な豪雨で、これまでに126人が死亡し、66人の安否が分かっていません。広島県では死者・不明者が100人を超えました。

 複数の住宅が押し流された広島県熊野町では、警察と消防による行方不明者の捜索が行われましたが、これまでに1人が死亡、12人の行方が分かっていません。広島県内では関連死を含めて48人の死亡が確認されていて、安否不明者を合わせると102人となりました。
 避難者:「ここにいる時はあまり不安じゃないが、自分の家に帰って家の姿を見て、初めてがっくりくるんだろう。家が見られない、外から想像するだけ」
 避難所は広島県呉市や東広島市などに234カ所、開設されて約5500人が避難しています。