氾濫から6時間…いまだ川から水が 広範囲で浸水[2018/07/10 17:58]

 雨が上がり太陽も照り付けるなか、突然、避難指示のサイレンが鳴り響きました。榎川が氾濫し、避難指示が出ている広島県府中町の上空から報告です。

 (廣瀬隼也アナウンサー報告)
 今、この時間も勢いよく泥水が住宅のほうに流れ込んでいます。その詰まりの原因となった箇所を重機を使って流木や土砂などを取り除く作業が行われています。発生から6時間近くが経ちますが、住民が戻ってスコップなどを使って自宅の土砂などをかき出している光景もありました。こうなってしまった原因は、上流で恐らく土砂崩れが起きたとみられ、途中には砂防ダムもあり、県によりますと、何らかの理由でそれさえも乗り越えてきたとみられて、現在、県も原因を調べています。住民による地道な復旧作業が続けられています。