岡山・倉敷市で激しい雨 川の増水による被害に警戒[2018/07/12 00:05]

 今回の豪雨で地区の4分の1が冠水した岡山県倉敷市真備町は11日にようやく水が引いたものの、夕方には局地的な雨が降りました。

 午後6時半ごろ、真備町では30分間にわたって雷とともに激しい雨が降り、被災した家の片付けをする住民を直撃しました。真備町では複数の川が決壊していて、川の増水による被害の拡大が心配されています。また、岡山県は真備町の行方不明者を38人と発表していましたが、本人と連絡が取れるなどしたため、現在は13人と大幅に減っています。