一般向けに初開催 東京大会ボランティア説明会[2018/09/01 05:53]

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックのボランティアの募集が今月中旬から始まるのを前に先月31日、初めて一般向けの説明会が開かれました。

 東京大会では、競技の運営をサポートをする「大会ボランティア」と駅などで交通案内や観光案内をする「都市ボランティア」の合わせて11万人を募集します。先月31日、東京都内で説明会が行われ、大会ボランティアでは10日以上の活動日数が求められるなどの応募条件や役割が説明されました。
 参加者:「(仕事との)兼ね合いがボランティアどれくらいできるのかが心配」「今、持っているもので選手や会場の方々に貢献しやすいのはヘルスケアの分野か」
 募集は今月中旬からで、説明会は11月まで開かれます。

こんな記事も読まれています