「体に気を付けて」両陛下が豪雨被災地“お見舞い”[2018/09/14 18:10]

 岡山県で豪雨災害の被災者ら一人ひとりに声を掛けられました。

 天皇皇后両陛下は14日午後、西日本豪雨災害のお見舞いのため、岡山県倉敷市真備町に入り、体育館で被災者ら30人と懇談されました。復興に向けて頑張りたいと話す被災者に、陛下は「心強いことですね、体に気を付けて」と励まし、皇后さまは救助にあたった自衛隊員に「大勢の方を救って頂いてどうもありがとう」と何度も口にされていました。14日は広島県も訪問予定でしたが、悪天候で延期となりました。