警察官が実弾入り拳銃落とす 住民が拾い届ける[2018/09/15 05:50]

 和歌山県警の警察官が走行中の車両の窓から実弾の入った拳銃を落としました。拳銃は近くに住む男性が拾得物として届けました。

 14日午後8時前、和歌山市で、和歌山県警の20代の男性巡査が車両で走行中に脇道から出てきた車を制止するために窓から上半身を乗り出して拳銃1丁を路上に落としました。警察官50人で付近を探していましたが、近くに住む男性が拳銃を拾ったと届け出ました。拳銃を落とした巡査は、自民党総裁選の遊説を終えて移動する安倍総理大臣の車列を警備していました。拳銃は自動式で実弾が装填されていました。