渋滞や接触事故など混乱も…豊洲市場の今後の課題[2018/10/11 11:48]

 営業が始まったばかりの豊洲市場ですが、今後の課題も見えてきました。

 (社会部・古武家朋哉記者報告)
 開場した11日午前0時ごろから、魚などを積んだトラックで渋滞していました。初日ということもあって不慣れな部分もありますが、その後も買い出しのための車が次々と来て、渋滞は競りが終わるまで続いていました。また、場内でも混乱は見られました。事前に訓練はしていたものの、不慣れな場所での移動ということで接触事故なども見られました。今後は細やかな運用面での改善が必要だと感じました。
 市場の利用者:「仲間内も渋滞してパニックになって困ってましたね。(客が多い)12月はもっと大変になる」「混雑していて大変だなと思いました。慣れるまでとことん来ようかなと思います」
 営業では初日ということもあって、かなりの客が豊洲に来ていました。ただ、築地に比べれば交通の便が悪いのも事実です。築地で築き上げたブランドを業者などの努力でどうやって新たな豊洲ブランドを作り上げていくのかが課題となります。