またキノコ採りで…滑落し男性死亡 長野で11人目[2018/10/11 11:50]

 キノコ採りをしている最中の事故が相次ぐなか、10日も長野県塩尻市で男性が滑落して死亡しました。長野県では8月以降、11人が亡くなっています。

 午後1時半ごろ、塩尻市の山林で「一緒にいた人が滑落した」と110番通報がありました。亡くなったのは塩尻市片丘の農業・小松茂也さん(62)です。警察によりますと、小松さんは親戚の男性とキノコ採りに山に入り、約100メートル滑落しました。県警ヘリで救助されて長野県松本市内の病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどしていて、約5時間後に死亡が確認されました。県内では今年、キノコ採りに伴う遭難が相次いでいて、8月以降に17人が遭難し、このうち11人が亡くなっています。警察は急斜面に近付かないことや1人で山に入らないなど、注意を呼び掛けています。