自殺生徒の父親に「おまえ」 抗議受け教育長が辞表[2018/10/11 18:48]

 教育委員会のトップが自殺した男子中学生の父親を「おまえ」呼ばわりしていました。

 去年、新潟県新発田市の男子中学生がいじめを苦に自殺し、山田亮一教育長は5日に第三者委員会の答申を受けて、男子生徒の遺族に謝罪に出向きました。その際、生徒の父親がかつて自分の教え子だったことから「おまえ」などと呼び、遺族は不適切な発言だと抗議していました。山田教育長は責任を取る形で11日に辞表を提出し、後日、改めて遺族に謝罪してから辞任する予定です。