いじめ受け自殺未遂3回 母親が学校の対応を批判[2018/10/12 18:01]

 いじめを受けて自殺未遂を繰り返した生徒の母親が学校の対応を批判しました。

 生徒の母:「(学校が)重く受け止めて校長先生も入っていれば、こうはならなかったのでは」
 埼玉県川口市の中学3年の男子生徒(14)はおととしから自殺未遂を3回繰り返しています。男子生徒は最初の自殺未遂の前に、いじめの被害を訴える手紙を担任の教師に渡していたということです。
 生徒の母:「訴えても軽い感じで流されていた」
 学校側は3回目の自殺未遂の後にいじめを認めました。6月には加害者側の一部の生徒が保護者とともに謝罪に訪れ、和解しています。