五輪向け 国産競技用カヌー試作 カワセミなど参考[2018/10/30 09:48]

 2020年東京オリンピックに向けて日本人選手の体形に合わせた競技用カヌーを試作している研究チームが試作艇を公開しました。

 競技用のカヌーはヨーロッパ製が主流で、東洋大学などの研究チームは小柄な日本人選手の体形に合うカヌー「水走」の開発を進めています。水の抵抗を減らして進みやすくするため、カワセミのくちばしをまねた船首となっているほか、カモノハシのくちばしを参考にした船尾にして回転しやすくなっているということです。カヌーは現在、日本のトップ選手が実際に試乗するなどして最終調整をしています。研究チームは「選手に満足してもらうため、色々な要素を取り入れた。このカヌーで日本人がメダルを取ってほしい」としています。